「遊びや捕食行動の機会を与えよう」1

 

 

セミナー最初はいつもうちの子紹介。今回はうちの子の写真をスクリーンに映して紹介しました。

他のウチの子もみんなかわいい!ワイワイと楽しく、話しだしたらオワラナイ(*^_^*)

私もハルちゃんとあんみっちゃんの写真を見てもらった。

 

 

ハルちゃんイケメン(女の子だけど)

 

あんみつ、らぶり〜。

 

 

うちの子の事を言葉にして説明すると、その子の事をより深く理解する気がする。

ぼんやりとしたイメージが言語化することで明確になるんだろうな。

あと、いつも思うけど、他のウチの子の話を聞くのが面白い。

好きな物や嫌いな物、よくする行動、人間の家族との接し方。あたりまえだけどそれぞれ全然違う。

とっても勉強になるしタメになる。ありがたい。

 

さて。

今日のテーマは「遊び」

まずは、家の猫の一日の行動を表してみよう〜。

 

ほとんどが寝ているかダラダラしているか・・・動いていない事がよくわかる。

家の中は刺激が少ないし、猫が自発的に動くように人間が工夫して積極的に関わっていかないとダメなんだな。

 

 

遊びの有効性

●運動量(活動量)を増やす 

家の中だけで生活している猫は圧倒的に運動量が足りていない。→肥満につながる。

太っていて良いことないからね〜。

 

●猫本来の行動(探索・狩猟)を表出させる

以下の効果が期待できる(研究段階)

・攻撃性を減少させる・・攻撃性は色々とあるが遊びによって軽減

・不安行動を減少させる・・おもちゃを捕えることによる成功体験。自信につながる。

 スプレー行動や粗相の場所で遊びによる成功体験をすると、その行動が減ることもある。

とったどー!

 

 

 

 

猫の健康や情緒安定に遊びは欠かせない。そして出来れば毎日遊ぶこと。

 

 

 

今回のまとめ。

どうして遊びが大切なのかというと。遊びには狩猟の要素がたくさん含まれているから。

猫本来の行動である狩猟が今は出来ないためそれを補うため。

遊びによって問題とされる行動が減少することもある。

 

つづく

 

次回予告?

うちの子のタイプはどれ?

1.おもちゃにすぐ食いつく

2.おもちゃに食いつくまでに時間がかかる

3.時間と場所によりけり

 

 

 

 

 

 

イベント・ワークショップ ; comments(0) ; -